行事のご案内

2018.10.28
宮城県芸術祭 茶会

2018/9/9
重陽の茶会

2018/5/26.27
第22回 杜の都 大茶会

2017/10/22
第54回 宮城県芸術祭 茶会その2

2017/10/22
第54回 宮城県芸術祭 茶会

2017/9/18
八王子市制100周年記念行事参加

2017.9.9
宮城支部 煎茶体験講座第三回

2017.8.19
宮城支部 煎茶体験講座第二回

2017.06.25
県産煎茶で楽しむ茶会~山梨支部

H29年5月27日
第21回 杜の都 大茶会

2017.05.25
関東支部初煎会・支部新春茶会3

平成29年1月22日
関東支部初煎会/支部新春茶会その2

2017/1/22
関東支部初煎会/支部新春茶会

平成28年10月16、30日
大崎市三流派茶会

平成28年5月29日
平成28年 杜の都 大茶会

平成27年6月13日
第19回 杜の都大茶会

平成25年11月10日(日)
八王子煎茶道連盟茶会

平成25年10月20日(日)
宮城県芸術協会茶会 秋の芸術祭

平成24年10月21日(日)
芸術協会茶会 秋の芸術祭

平成24年10月14日〔日)
八王子煎茶道連盟茶会

平成24年7月22日(日)
復興 いのりの茶会

平成24年7月1日 (日曜日)
山梨支部「七夕に寄せて~煎茶と童謡詩の出会い~

平成23年12月8日
茶芸公演

平成23年10月23日(日)
芸術協会茶会(宮城支部)

平成23年10月23日(日)
八王子煎茶道連盟茶会

平成23年9月25日 日曜日
山梨支部主催「煎茶をたのしもう」の会

平成23年3月11日 午後1時半より 
講座「文人華道の世界は楽しい」

宮城県芸術祭 茶会

秋晴れの穏やかな良い天気のお茶会 日和となり、当流は「すすり茶」をいたしました。

日程
2018.10.28

場所
仙台市北山 輪王寺

問合せ

重陽の茶会

大崎市茶道連盟による「重陽の茶会」に参加

9月9日は重陽の節句であり、菊の節供とも言われておりますので、
菊香煎と水淹をいたしました。
あいにくの小雨 模様でしたが、多数のお客様に恵まれ喜んで頂き、
嬉しさを感じました。

日程
2018/9/9

場所
大崎市古川 祥雲閣

問合せ

開催内容のご紹介
重陽の茶会
9月9日は重陽の節句にあたり、菊の節供とも言われています。
菊香煎と水淹をいたしました
【 菊香煎のお席 】
【席飾り】

着綿・・重陽の日に菊の花に真綿を着せ、明くる早朝に
    朝露を含んだ綿で身体を清めると不老長寿と言われています
和歌・・「綿きせて十程若し菊の花」  小林一茶

【 菊香煎のお席 】
盛物
みくにち・・3度の9日(9日・19日・29日)に、茄子を食べると
      寒さ知らずと言われています。
(9日は神の9日 19日百姓の9日 29日は商人の9日と呼ばれています。)

【 瓢杓にて水淹 】
瓢杓を使って

瓢杓:瓢箪をくりぬいて作った柄杓

【 水淹席 】
【席飾り】
菊水・・中国河南省南部を流れる白川の支流。
    谷間に咲く菊の露がしたたり落ち、
    川の水を飲んだ者は長寿であったといわれています。

【 水淹席の様子 】
お茶とお菓子をいただきながら、ひと時のやすらぎタイム。
めずらしい「瓢杓」のお手前に興味を持っていただきました。

第22回 杜の都 大茶会

一服のおもてなしに宿る
「ひと もの こころ」

宮城県芸術協会主催による「第22回 杜の都 大茶会」が行われました。
当流は26日(土)で、466名ほどの多くのお客様にお越しいただき、
「野行袋」手前をいたしました。

日程
2018/5/26.27

場所
仙台市 勾当台公園

問合せ

開催内容のご紹介
第22回 杜の都 大茶会 一服のおもてなしに宿る「ひと もの こころ」
466名ほどの多くのお客様にお越しいただき、
「野行袋」手前をいたしました。
今回は洋服によるお手前、着物によるお手前といたしました。
そのたびに和やかな(心地よい)お席に感じられました。
【 席飾り 「初夏清友」 】
雅材 
お茶の木:茶摘(新茶)の季節
びわ  :今(現在)の季節の果物
桃   :夏ごろ(未来)の果物

季節のうつろいを表現いたしました

【 短冊 「薫 風」 】
白雨(しらさめ)のあとに吹く風のこと

【 野行袋手前 】
茗主は和服で。

【 野行袋手前 】
雰囲気を変えて、茗主は洋服で

【 会場風景 】
今年も大勢のお客様にお運びいただきました

第54回 宮城県芸術祭 茶会その2

第54回 宮城県芸術祭 茶会

日程
2017/10/22

場所
輪王寺

問合せ

開催内容のご紹介
第54回 宮城県芸術祭 茶会その2
【 扇面手前手前座 】

【 手前座2 】

【 文人盛物「末広」 】

第54回 宮城県芸術祭 茶会

恒例となっております宮城県芸術祭 茶会に参加いたしました。
今年のテーマは
 「結いを感じて」

当流のお席では
「淹茶 3客による扇面手前」
をご披露いたしました。

花を飾り込んだ「花 建水」を手前座に飾り
扇を使った、動きのあるお手前をご披露いたしました。

広い会場には、大きな床の間もありますので
三か所に文人盛物をかざり
お客さまに楽しんでいただきました。

日程
2017/10/22

場所
輪王寺

問合せ

開催内容のご紹介
第54回 宮城県芸術祭 茶会 「結いを感じて」
台風 接近による雨という天候でしたが
多くのお客様にお越しいただきました
【 台風接近 】
台風 接近による雨の中、多くのお客様にお越しいただきました

【 扇面手前 】
手前座に花入れを入れ込んだ「花建水」を飾って

【 床飾り1 】
「人生只百年」
お軸は輪王寺所蔵のものを。

【 床飾り2 】
文人盛物「秋華の友」

【 床飾り3 】
文人盛物「末広」

八王子市制100周年記念行事参加

市制100周年を記念した市民文化祭において
呈茶席をもちました

日程
2017/9/18

場所
オリンパスホール八王子

問合せ

開催内容のご紹介
八王子市制100周年記念行事参加
市民文化祭への参加という事で、ホールの端の限られたスペースでの
呈茶となりましたが、たくさんの方にお立ち寄りいただき、煎茶道のご紹介をさせて頂きました
【 茶びつ手前にて 】
限られたスペースを工夫して席づくり。
「場所見て法とけ」
煎茶道の神髄

【 雅客同集 】
もちろん床の間もありませんが、文人盛物で席のテーマを。

【 お客様をお迎えして 】
お隣で同じく呈茶されていた抹茶席の皆様もお越しくださいました

【 少ない人数で。。。 】
仕切りもないので、入替も大急ぎ。すれ違うのもやっとのスペースでしたが、うまく譲り合って。

宮城支部 煎茶体験講座第三回

講座内容

敬老の日を、すすり茶で
    
国民の祝日「敬老の日」に、年配者を敬い長寿を祝って
     心をこめて淹れるお茶

日程
2017.9.9

場所
大崎市古川 祥雲閣

問合せ

開催内容のご紹介
宮城支部 煎茶体験講座第三回
【 講義でお話から 】

【 実演 】
それぞれに、実際にすすり茶を淹れて頂きました

【 お茶とお菓子をご一緒に 】
すすり茶の頂き方を体験して頂きました。
天井を向いて・・・

【 お軸「錦繍の図」 】
美しい紅葉や花々をたとえて、「錦繍(きんしゅう)」と呼びます
春蘭、菊、水仙、に仏手柑と柿。秋の実りと花々

【 文人華「重陽」 】
菊に真綿をかぶせて飾る「着せ綿」
九月九日は重陽の節句、菊の節句ともいわれます
菊に綿をかぶせて、露を集め
その綿で身を清めると長寿になるといわれていました。

宮城支部 煎茶体験講座第二回

講座のながれ

1、講義

2、実演
  *1客1煎による水淹
  *講師による瓢杓手前の水淹(3客手前)
   →水屋より 皆さんにお茶とお菓子を)
    瓢杓に触れて頂く。

日程
2017.8.19

場所
大崎市古川 祥雲閣

問合せ

開催内容のご紹介
宮城支部 煎茶体験講座第二回
【 文人盛物「盆果」 】
ほうずき・冬瓜・米なす・コロンケット・なす・ゴーヤ

【 一客一煎による水淹 】
実際に体験して頂きながら

【 講義の様子 】

【 瓢杓のお手前 】
お客様には水屋から

【 瓢杓に触れて頂く 】

県産煎茶で楽しむ茶会~山梨支部

山梨県産煎茶「奥冨士清香」を使い、水淹(水出し茶)の席を。
根津記念館の広間を野点風に飾り
瓢杓(ひょうしゃく:瓢箪を使った柄杓)を使って水淹を差し上げました。

日程
2017.06.25

場所
根津記念館

問合せ

開催内容のご紹介
県産煎茶で楽しむ茶会~山梨支部
【 山梨市 根津記念館 】
「鉄道王」と呼ばれた初代根津嘉一郎の実家「根津家」の邸宅を保存・公開する施設。昭和初期のモダン和風建築に素晴らしいお庭が目を引く

【 茶席への入り口「三仙果」 】
迎えつけには文人盛物。後援して頂いたJAフルーツ山梨さまに、敬意を表して、県産の果物を盛物に

【 待合「虫除け」 】
待合の洋間にも、洒落のきいた盛物。
物語のある、物語る文人華。香りのある季節の物を寄せて。

【 野点風水淹席 】
初夏の緑を席中に取り入れ、瓢杓を用いて

第21回 杜の都 大茶会

5月27日(土)・28日(日)仙台市勾当台公園にて行われました。
当流は27日(土)470名ほどのお客様にお越しいただき、楽しんで
いただきました。

お手前 野行袋
席飾り 「紅白将軍」牡丹・芍薬 
お 軸 「包み、置き、チョット
       ひろげて 茶の世界」  
       (初代 家元の歌)

日程
H29年5月27日

場所
仙台市勾当台公園

問合せ

開催内容のご紹介
第21回 杜の都 大茶会
【 席飾り:文人盛物「紅白将軍」と野行袋の道具飾り 】
伊達政宗公生誕450年の今年にちなんだ
紅白のシャクヤクを使った文人盛物

【 お軸 】
初代家元
「包み 置き チョット広げて 茶の世界」
野行袋の手前の姿を詠んだ歌を

【 お道具飾り 】
野行袋手前の道具を飾り置いて
褥にはご当地の織物「仙台平」

【 お手前 】
ベテランの先生方の落ち着いたお手前。
お客さまも、包みから出てくる道具に興味津々

【 テープカット 】
初日のテープカットには家元がご参加。
茄子紺のお召し物で爽やかに。

関東支部初煎会・支部新春茶会3

立礼席は家元がご担当されました

日程
2017.05.25

場所
柿風亭

問合せ

開催内容のご紹介
関東支部初煎会・支部新春茶会3
【 床飾り 】
家元がご担当された文人盛物

【 二種手前・お福茶 】
家元による後見。お客様にもお福茶を差し上げる

【 二種手前・酒席 】
お酒の席は和気あいあいと。初代もお客様とご一緒に

【 お酒手前 】
酉年にさんずいを付ければ、酒という字に。。。

関東支部初煎会/支部新春茶会その2

午後から関東支部新春茶会として、
本席に双茶壷手前にて師範披露席
添席に福茶、酒の二種手前

日程
平成29年1月22日

場所
柿風亭(武蔵境)

問合せ

開催内容のご紹介
関東支部初煎会/支部新春茶会その2
【 双茶壷手前にて披露席 】
初代家元の後見による披露席

【 披露席 】
正客に家元、先輩方に見守っていただいて、緊張感のあるお席に

【 口上 】
手前の後、雅名披露の口上

関東支部初煎会/支部新春茶会

武蔵野の一角。柿風亭にて。
恒例の家元によるお福茶のお手前にて初煎会に続き、
午後からは関東支部茶会としてお客様をお招きいたしました。
本席では、新師範者二名の披露席が設けられ、
陽光の輝く中、身の引き締まる年明けとなりました。

日程
2017/1/22

場所
柿風亭

問合せ

開催内容のご紹介
関東支部初煎会/支部新春茶会
【 新春の床飾り 】
初代家元による文人盛物「歳朝清供」

【 「福寿海無量」 】
席入り前のひと時。新春の日差しが清々しい。

【 お福茶席 】
家元による台子福茶手前を、支部会員で拝見。

大崎市三流派茶会

秋の芸術祭 茶会が行われました

日程
平成28年10月16、30日

場所
仙台市北山 輪王寺及び 大崎市「祥雲閣」

問合せ

開催内容のご紹介
大崎市三流派茶会
「雅人同集」をテーマに 「二種手前」をおこない
  1煎目 ユリ根と菊のお茶
  2煎目 煎茶 を入れました。
  お天気もよく、多くのお客様に喜んでいただき
  ユリ根と菊による2種類のお茶を楽しんでいただきました。
【 初代 家元による歌 】
 「我こそは・・・・・・
     そっとしまって
     寄りそう ひととき」
   

【 輪王寺にて「二種手前」の手前座 】
ユリ根と菊のお茶と煎茶の二種

【 輪王寺にて「雅人同集」 】
床の間
蘭、百合、菊、瓢箪
佳人、聖人、文人が集う


【 祥雲閣にて「雅人同集」 】
所変われば。床の間のないホールでの設え

【 祥雲閣にて 】

平成28年 杜の都 大茶会

恒例の杜の都大茶会も20周年記念を迎えました。

日程
平成28年5月29日

場所
仙台市 勾当台公園

問合せ

【 河北新聞紹介記事 】
 URL:http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201605/20160528_13066.html
開催内容のご紹介
平成28年杜の都大茶会のご報告
杜の都 大茶会が5月28日・29日の2日間 
仙台市 勾当台公園にて行われました。
(当流は28日(土)でした)
五月晴れの良い天気であり,今年はお茶会が始まって
20周年記念ということもあり、大勢のお客様でにぎわいました。

お手前のほうは「あやせ棚」を使用し、瓢杓てまえの水淹です。
お客様は瓢杓より宝瓶等に注がれる様子・涼しげな水の音などに興味(関心)をもたれて
水によるお茶の美味しさにも喜んでいただきました。

また今年は体験コーナーもあり 20名ほどのお客様に
実際にお手前え(1客1煎)を体験していただき ました。
こちらも大盛況で終わることができました。
【 杜の都大茶会 】
席飾り

【 各流派の方々と当流家元 】

【 テープカット風景 】

【 席中の風景 】

第19回 杜の都大茶会

恒例の勾当台公園での茶会です。

時間:9時半-16時

担当:宮城支部

日程
平成27年6月13日

場所
勾当台公園綯い

問合せ

開催内容のご紹介
第19回 杜の都大茶会の報告
先日開催いたしました第19回杜の都大茶会の様子です。
今回もたくさんのご来場を頂きました
【 瓢酌にて 】

【 待合風景 】

八王子煎茶道連盟茶会

日時 平成25年11月10日(日)
    10:00~15:30
お問い合わせ
    土井 純松  042-664-1418

日程
平成25年11月10日(日)

場所
八王子クリエイトホール 9階

問合せ

開催内容のご紹介
八王子煎茶道連盟茶会を終えて
お天気に恵まれて、100名を超えるお客様がお越しになりました。
お手前は
菊香煎と玉露の二種手前

市長さん、衆議院議員さんにもお運びいただき、八王子カラーが全面にあふれた、和やかの茶会でございました。少人数でテキパキとこなされる皆さんのお力はお稽古の賜物でございましょう。すっかり恒例行事となっております。また来年も楽しみです。
【 床飾り「秋華」 】
八王子の野の物で、秋野彩り

【 手前座「二種手前」 】
テーブルに小卓を据えて。水注のあるべき場所にはポット。不思議と馴染む

宮城県芸術協会茶会 秋の芸術祭

恒例の宮城県芸術協会の茶会です。
日時  平成 25年10月20日(日)
         受付 8:30~
         終会 午後3:00
席主  副家元・古川純佳
      煎茶道清泉幽茗流清泉会 宮城支部
お問い合わせ
     伊藤純和 022-922-2394

日程
平成25年10月20日(日)

場所
仙台・北山 輪王寺

問合せ

芸術協会茶会 秋の芸術祭

日時  平成24年10月21日(日)
     受付開始8:30~
      終会午後3:00
お問い合わせ
    伊藤 純和 022-922-2394

日程
平成24年10月21日(日)

場所
仙台・北山 輪王寺

問合せ

八王子煎茶道連盟茶会

日時 平成24年10月14日(日)
    10:00~15:30
お問い合わせ
    土井純松 042-664-1418   

日程
平成24年10月14日〔日)

場所
クリエイトホール 9階

問合せ

復興 いのりの茶会

日時  平成24年7月22日(日)
     10:00~15:00
席主  煎茶道清泉幽茗流清泉会 宮城支部
お茶券 500円
主催  大崎市祥雲閣茶道連盟
共催  大崎市・大崎市教育委員会
御問い合わせ 大崎市祥雲閣 0229-24-3385

日程
平成24年7月22日(日)

場所
大崎市祥雲閣

問合せ
TEL:0229-24-3385

開催内容のご紹介
復興いのりの茶会
「大崎市祥雲閣茶道連盟」主催の「復興いのりの茶会」で宮城支部の会員が「お供茶」のお手前を致しました。当日は犠牲になられた方々を偲ぶ多くの皆さんがいらして下さいました。
会場は厳粛な空気に包まれ、静かな心のこもったお手前でした。
祭壇には席飾りとして般若心経、お花、お供え。またご都合がつかずいらっしゃれない方からお預かりした「浜に流れ着いた貝殻」も飾られました。お菓子も石巻市で被災され、復興なさった老舗和菓子屋「岡埜栄泉」さんが当日の為に用意して下さったお饅頭です。
【 席飾りとお道具 】
般若心経・貝殻・萩・桔梗・鬼灯・メロン・胡瓜・茄子・お饅頭。
お供茶のお道具。

【 お供茶 】
お茶をお供えしました。

山梨支部「七夕に寄せて~煎茶と童謡詩の出会い~

童謡「ささのは さらさら」を作詞した、権藤はなよさんが山梨県韮崎市出身であることから、七夕の茶をご披露いたします。
文人華「七夕飾り」をご覧いただきながら、初夏の昼下がりに冷たいお茶と、権藤はなよさんの童謡詩の朗読をお楽しみください。

日時 平成24年7月1日 (日曜日)
   第一回  午後一時
   第二回  午後三時
会場 山梨県立文学館 素心庵
入場料 500円

問い合わせ  清泉幽茗流 山梨支部 支部長055-284-0774

日程
平成24年7月1日 (日曜日)

場所
会場 山梨県立文学館 素心庵

問合せ

開催内容のご紹介
山梨支部「七夕に寄せて~煎茶と童謡詩の出会い~
先日開催しました「山梨支部「七夕に寄せて~煎茶と童謡詩の出会い~」には多くの方のご参加有難うございました。
予想以上の盛会で開催者一同心より喜んでおります。
次回の催しにも是非皆様のご参加をお願いします。
【 飄杓二人手前 】
彦星と織姫

【 野口雨情の書 】
杉になるなら御嶽の杉に
 御嶽御柱のまもり杉に

【 天の川 】
雄大な天の川のイメージを茶葉で表現しました。

【 三仙果 】
桃、葡萄、無花果

【 お道具 】
飄杓二人手前用

茶芸公演

なかの芸術小劇場において、茶芸が披露されました

日程
平成23年12月8日

場所
東京都

問合せ

開催内容のご紹介
茶芸公演の様子
茶芸-茶道会に新たな風を-

第一幕  五行
第二幕  薔薇と遊ぶ-薔薇酒手前-
第三幕  第三部 文雅の友
【 第一部 五行 】
木・火・土・金・水 それぞれに扮して、お茶の宇宙観を表現する

【 第二部 薔薇と遊ぶ 】
薔薇酒のお手前をシャンソンに合わせて表現する

【 第三部 文雅の友 】
文人華道、香道、書道、茶道、それぞれの文人が寄り合って、最後に煎茶を喫する

【 終演後の家元挨拶 】

芸術協会茶会(宮城支部)

こちらも恒例の芸協の茶会です。被災に負けずに立ち上がる皆様方にエールを!

日程
平成23年10月23日(日)

場所
仙台・北山 輪王寺

問合せ

八王子煎茶道連盟茶会

恒例となっております、八王子でのお茶会です。

日程
平成23年10月23日(日)

場所
クリエイトホール和室

問合せ

山梨支部主催「煎茶をたのしもう」の会

煎茶手前を披露しながら、煎茶道について語る会


13:00から15:30  茶席にて随時お手前
13:30から     副家元によるレクチャー
14:30から     ロビーにて「甲斐りょうじん」コンサート

日程
平成23年9月25日 日曜日

場所
山梨県立文学館

問合せ

開催内容のご紹介
山梨支部主催「煎茶をたのしもう」の会報告
好天に恵まれ南アルプスから下山した足で、美術館を見学し
隣接する「文学館の煎茶席」にいらして下さった方等
沢山の方に煎茶を楽しんでいただけたと思います。

講座「文人華道の世界は楽しい」

実際に作品を鑑賞しながら、文人華道の楽しみ方を講義します。

               講  師 落合 竹允

               参加費用 1000円


日程
平成23年3月11日 午後1時半より 

場所
パルテノン多摩 4階 アトリエ

問合せ

▲このページのTOPへ